舌間忠利の「Dr.N−BCマニュアル」でワキガを克服!

「Dr.N−BCマニュアル」でワキガの原因を撃退!

自分の体臭や脇の臭いなどはだれでも気になるものですが、特に脇などから、他人にも不快感を与えかねないほどに強い臭いを発してしまうようなワキガの悩みは深刻です。
 

 

そもそもこのワキガどうして発生してしまうのでしょうか?

 

 

 

 人間の脇の下には3つの汗の分泌腺があります。

 

 

これらはそれぞれエクリン汗腺、アポクリン汗腺、皮脂腺と呼ばれ、この中で最もワキガの原因となるものはアポクリン汗腺と言われていますが、臭いの原因は
これら全ての汗腺の複雑な影響によるものであり、ワキガを解消するにはこれの汗腺の機能を総合的に改善していかなければなりません。

 

 

@エクリン汗腺,皮脂腺

 

 

エクリン汗腺から出る汗は気温が高く暑い日や運動した時などにかく汗で、、熱を含んだ水分を体外に放出して体温調節をする役割があります。

 

 

 この汗の成分のほとんどが水分であるためさらっとしており、この汗自体には臭いもほとんどありません。

 

 

しかしこの汗をかいた時に水分以外の成分(主に塩分)が体に再吸収されず、汗の分塩分濃度が高くなってしまうとベタベタとしてしまい臭いを放つ悪い汗になってしまう事があります。

 

 

 また、この汗が皮脂腺から出る皮脂を取り込んでしまった場合もいわゆる汗くさい臭いを放ちます。

 

 

エクリン汗腺から出る汗がこのように匂いを放つ汗に変わってしまう原因は汗腺機能の低下によるものです。汗腺機能がうまく働かないと汗の水分以外の再吸収も滞って臭いを発してしまいます。

 

 このような場合は日常の中で「汗腺トレーニング」を行う事で汗腺機能を高め、臭いを徐々に抑えていくことが出来ます。

 

 

汗の臭いを消滅させるための効果的な汗腺トレーニングの方法は、舌間忠利氏の「Dr.N−BCマニュアル」に詳しく解説されています。

 

 

 

Aアポクリン汗腺

 

 

エクリン汗腺はほぼ全身に分布していおり、その数は200万〜500万個あるといわれますが、アポクリン汗腺はわきの下や耳の中、性器の周辺など、特定の箇所に集中しているのが特徴です。

 

このアボクリン汗腺から出る汗には水分以外にもタンパク質・脂質・脂肪、鉄分、色素、蛍光物質 .アンモニアなどが含まれ、粘り気があります。

 

 

 この汗もほとんど無臭なのですが、皮膚に存在する菌と合わさり分解することで、臭いを発生します。

 

このアポクリン汗腺から出た汗と菌が合わさることにより発生した臭いがいわゆるワキガ臭と言われるものです。

 

 日本人と比べ欧米人や黒人はこのアポクリン汗腺が多く、ワキガの人の割合も圧倒的に多いですが、日本人でも生まれつきアポクリン汗腺が多い人ですとワキガになりやすいと言えます。

 

 

 そこでワキガや多汗症の対策として手術で汗腺自体を切除してしまう方法があります。

 

 しかし、この手術には費用も掛かることは勿論ですが、場合によっては汗腺を切った別の体の部分から大量に汗を書いてしまう恐ろしい副作用のリスクもあります。

 

 

 ワキガの原因は前述しましたようにアポクリン腺とそこから出る汗自体ではなく、汗と細菌が合わさった事による臭いです。

 

 

 従ってリスキーな汗腺切断の手術などをしなくても、他の原因を改善することによりワキガを解消することは可能なのです。 

 

 

「Dr.N−BCマニュアル」では血液をきれいにすることなどにより汗の質を変えて、手術なしで安全にワキガの発生を抑えることが出来るのです。

 

 

 



→自宅で出来るワキガ治療「Dr.N−BCマニュアル」公式HP お申し込みと更に詳しい説明はこちらから!

 

トップページ