舌間忠利の「Dr.N−BCマニュアル」でワキガを克服!

ワキガで悩んでいる人、実は女性の方が多い!

 

 

 

意外に思われるかもしれませんが、実はワキガは男性より女性に多いという事はご存知でしょうか?

 

 

 よく「汗臭い」などというとその言葉には男性のイメージがありますが、そもそもワキガは汗臭さとは別の原因によるものなんです。

 

「汗臭い」というのは汗そのものの臭いや汗が細菌と混ざることによって臭う状態をいいますすが、この汗はエクリン腺から出る水分の多い汗なので汗自体に強い臭いありません。

 

 

これに対してしてワキガというのは、いわゆる運動した時や暑い時に出る普通の汗とは違う、アポクリン腺から出る粘度があって臭いの強い汗が原因となっています。

 

 

 

一般的に女性は男性と比べると体にこのアポクリン汗腺が多く分布しているため、男性よりワキガになってしまう人が多いと言われているのです。

 

また、女性は皮下脂肪が多いために皮脂や汗が出やすく、これがワキガの臭いを更に拡散させてしまう要因にもなっているようです。

 

 

 実際に病院にワキガ治療の相談に来る方の割合は女性の方が圧倒異的に多いそうですが、これは本来女性にワキガが多いことに加え、女性は男性より臭いに敏感なので、自分の体臭やワキガの臭いが特に気になって悩んでいる人が多いこともあるでしょう。

 

 

しかしワキガというのは病気ではなく、アジア人には比較的少ないものの、欧米人にはワキガの人の方が多いのです。

 

 

ワキガには遺伝の影響も大きいですが昔よりアジア人にもワキガが増えてきたというのは欧米化した食生活の影響も大きいです。

 

 

現在甘いモノやスナック菓子、肉や油物などを普段多く食べているならば少し食生活を見なおしてみましょう。

 

 

特に女性は甘い物が好きな方が多いですので、そういったことも少なからずワキガの原因になっているようです。

 

 

  ミョウバンやデオドランドである程度臭いを抑えられているという方もいらっしゃるうですので、自分にあったものを試してみるのもいいかもしれません。 

 

 

また、ワキガの手術も保健が適用されるようになってきましたので、それほど高額な費用が掛かることもなく手術を受けられる医院も多くなってきました。

 

しかし、手術にはまだ再発のリスクなどもあるようですので、お医者さんと相談してご自身の症状に合った正しい治療法を受けられるようにしましょう。

 

  特に多汗症の手術などでは、脇の下の汗を止めたために別の部分から汗を大量にかいてしまう副作用が出てしまう代償性発汗のリスクもあります。

 

アポクリン腺はワキの下以外にも陰部や乳輪にもあり、「すそわきが」と言われる腋以外からのワキガ臭に悩まされる恐れもありますので手術は慎重に選択したいものです。

 

 

 安全で効果的なワキガ治療をお望みであれば舌間忠利の「Dr.N−BCマニュアル」が良いでしょう。

 

 

手術や薬などを使わず汗腺トレーニングや血液をきれいにすることでワキガをご自身で治療出来るプログラムです。

 

 

数多くの改善実績もあり、改善できなかった場合の全額返金保証もあるので安心安全です。 

 

 

舌間忠利の「Dr.N−BCマニュアル」トップページ