舌間忠利の「Dr.N−BCマニュアル」でワキガを克服!

ワキガと文化

日本人のワキガは比較的少数派のようですが、白人の80%、黒人は100%近くはワキガだと言われています。

 

ワキガが敬遠される事が多い日本と比べ、外国ではワキガの臭いはどのような印象を持たれているのでしょうか?
 

 

 

本来人間は誰もがワキガだった

 

 

人間の体には基本的に誰でも汗腺があります。

 

 

そのうちエクリン腺は体中に多く存在し、体温調節の為に熱くなった水分を汗として体外に放出するためのもので人間の生存には重要な役割を持っています。

 

 

そして別の汗腺であるアポクリン腺。この汗腺から出る汗が細菌と合わさってワキガの原因になることが多いのですが、東洋人にはこのアポクリン腺を持つ人が少ないのです。

 

 

アポクリン腺から出る汗が臭いの原因となるのは、アポクリン腺がそもそもエクリン腺と違い直接に人間の生命維持に必要なものではなく、ニオイのある物質を作り出すことにあるからなのです。

 

 

 本来人間のワキの臭いはフェロモンとして異性を引き付けるためや、犬おしっこによるマーキングのように縄張りを示すものとして機能していました。

 

 

 従って人間の体には本来アポクリン腺が備わっていたのです。

 

 

  しかし人類の歴史の中で、東アジア地方のアジア人の多くはなぜかアポクリン腺が退化してしまいました。

 

 

欧米では腋の臭いが好まれることも?

 

 

 このようなことから日本人や中国人などのアジア人にはワキガが少なく、ワキガの臭いは異質なものとして敬遠される事が多くなってしまったようです。

 

 

しかし欧米では大半の人がワキガなので日本人ほどは気にしないようです。むしろ腋臭の臭いをフェロモンとして好み、異性の魅力の一つとして認識している場合も少なくないそうです。

 

 

 

 体臭がフェロモンとして機能し、異性を引き付ける役割をしているのは動物には多くみられる現象で、実際にオーデコロンなども動物のフェロモンなどを使用しているものも多いです。

 

 人間も国や文化、時代によってはワキガや強い体臭がそのようなフェロモンの役割を果たしている事も多いようです。

 

 

 アジアの国、特に日本ではワキ臭が少数派であり、また日本人の性質として潔癖症だったり刺激のある臭いが苦手な傾向があり、ワキガの臭いは余り好まれないことが多く、アポクリン腺を持つ日本人(本来の日本に住んでいた縄文人にはアポクリン腺が備わっていたと言われます)の悩みのタネになっていることも少なくないようです。

 

 

 ですから本来ワキガは健康を害するものでもありませんし、深刻に気を病む事ではないものなのです。

 

 

 欧米人でなくてもワキガをフェロモンと感じる日本人含む東洋人も多くおりますし、人種にかかわらず臭いの相性があり、その人特有の匂いを好む人と嫌がる人がいます。

 

 

例えば本能的に強い遺伝子を遺すために自分と遺伝子の近い臭いを避ける傾向はあるようです。(年頃の娘さんが父親の臭いを嫌がるのはこのためです。)

 

 

 とは言え、社会生活において臭いが他人に不快感を与えてしまうようであれば、様々なコミニケーションにおいて支障が出てしまうこともあるでしょう。

 

 

 何より深刻なのは本人が自分の腋の臭いを気にしすぎて内向的になってしまうことなどです。

 

 

 ひどい場合には鬱病などの精神疾患を患ってしまうな場合もあります。

 

 

 ですから、ワキ臭が気になるのであれば、やはり改善しておく方に越したことはないでしょう。

 

 

 しかし、汗腺を切除するなどの手術をうけるのは副作用のリスクも有り、あまりお勧めできません。 

 

 

 舌間忠利の「Dr.N−BCマニュアル」で自宅で自分自身で、安全確実にワキガを改善していくのがよいでしょう。

 

 

 



→自宅で出来るワキガ治療「Dr.N−BCマニュアル」公式HP お申し込みと更に詳しい説明はこちらから!

 

トップページ